2007年7月2日月曜日

火災保険とは

火災によってもたらされた被害・損害を填補してくれるのが火災保険です。

今では火災以外にも様々な損害に対する保険が付属しているものも存在しているようです。

今では火災保険=「火事になったときのための保険」というよりは家にかける保険全般を指すような言葉として使われるようになりました。

かつては火災保険と言ったら各社横並び的な保険商品が多かったですが今ではこういった枠組みが無くなって各社独自の商品を開発しているようです。

さらに台風の被害、地震の被害、水害などへの保証も必要に応じて特約として組み込めるのが最近の火災保険です。

ただし、地震に対しての保証というのは今でもかなり高額なタイプの保険になってしまうようですが…。

すでに火災保険は入っていれば安心というものではなくどんな保険には言っていてどんな保証内容なのかをちゃんと考えなくてはいけない時代になっているのです。

一口に火災保険とまとめてしまうのは簡単ですが、契約内容によってカバーしている範囲や内容が大きく変わってしまうのです。

とくに注意しなくてはいけないのは火災保険だけは「地震を原因とする火災による損害」や「地震により延焼・拡大した損害」については補償されないという点です。地震被害の補償のためには地震保険を付帯させておく必要があります。

国民健康保険

生命保険

損害保険

保険比較ガイド

保険と共済

介護タクシーの選び方

保険の特約